2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年12月 2日 (金)

徳川四天王「本多忠勝」居住の地晩秋の大多喜城下を巡るハイキング2016年11月30日(JR駅からハイキング)

いすみ鉄道デジタルサポート大多喜駅→大多喜町観光本陣(受付)10:10→10:28大多喜県民の森タケの情報館10:47→11:05大多喜城11:38→薬医門11:52→大多喜小学校12:04→12:38行徳橋・本多忠勝公銅像→13:10大多喜町観光本陣(ゴール)→デジタルサポート大多喜駅(約7.5km)
 いすみ鉄道デジタルサポート大多喜駅
1t9850001
 駅前の大多喜町観光本陣で受付し、地図と缶バッチ(E233系 中央線・青梅線・五日市線)をいただく。
 大多喜県民の森タケの情報館では竹の解説や竹製品が展示され、別館では竹を使用した作品のコンクール受賞作品等が展示されていた。館外の竹笹園ではいろいろな種類の竹笹が植えられていた。
2s850001
 大多喜城の入館料は300円で、城内の企画展では千葉県の赤羽刀(GHQによって接収された刀剣で処分されなかった美術的価値の高いものが返還されが、所有者不明の物は全国191の博物館に無償譲与された)が展示されていた。
3s1060001
 薬医門 
4u1290001
 千葉県建築文化賞を受賞した大多喜小学校 
5u1460001
 豊乃鶴酒造と新酒ができたことを知らせる杉玉 
6u1600001
 三口橋から大多喜城を見る。よく見かける観光写真で城の前を列車が走っているのはここから撮ったものだろう。 
7s1800001
 夷隅川沿いの紅葉 
8s1880001
 行徳橋と本多忠勝公銅像 
9u1930001
 坂を上った高台の道路からの大多喜城 
9t01970001
 大多喜駅ではディーゼルカーの発車時刻まで1時間以上待った。

2016年11月23日 (水)

晩秋の小平グリーンロードウォークと収穫祭(美しい日本の歩きたくなるみち500選)西武鉄道ウォーキング2016年11月23日

西武新宿線小平駅9:53→あじさい公園(受付)10:03→小平グリーンロード(狭山・境緑道(多摩湖自転車道)→10:18小平ふるさと村10:30→たけのこ公園→)小金井街道→(11:03玉川上水緑道→11:59小川水衛所跡付近の橋→)12:15小平市立中央公園(ゴール)の収穫祭・昼食12:33→12:38西武国分寺線鷹の台駅(約8km)→12:58武蔵野線新小平駅
 小平駅から小平グリーンロードを歩いて、あじさい公園で地図をいただく。用紙に記入するというような受付はなかった。
1s6690001
2s6900001       
 小平ふるさと村の旧小平小川郵便局舎
3s6960001
 小平ふるさと村の旧小川家住宅玄関棟 
4s7250001  
5s7280001
 狭山・境緑道(多摩湖自転車道)から右折して小金井街道に入り、玉川上水の所で右折して、その後は玉川上水緑道をずっと歩く。
6t7880001
7s8430001
8s8970001  
 小川水衛所跡付近の橋 
9s9090001
 小平市立中央公園がゴールで西武沿線ポイントカードに50ポイント加算してもらう。公園では、収穫祭ということで野菜や食べ物を売る屋台が出ていた。200円でリクエストした曲を演奏してくれる人間ジュークボックスが人気だった。
 公園そばの鷹の台駅から乗車するのが普通だが、武蔵野線新小平駅まで歩いてみた。20分もかかるとは思わなかった。

2016年11月20日 (日)

人口減少時代と大都市近郊地域(独協大学地域総合研究所シンポジウム)2016年11月19日

 最初に地域研究所所長の多賀谷一照さんが基調講演を行う。日本創生会議の報告書(増田プラン)によると人口減少で地方都市は消滅の危機。しかし、大都市近郊地域は地方創生計画における地方でないし、大都市でもない。大都市近郊地域は高齢化により、市の収入減少、医療・福祉の増大、インフラの老巧化が課題になる。人口維持の戦略、地域での就業機会の確保、人口保持機能と人口吸引機能、市・町単位でなく地域全体で交流の確保が求められると講演した。
 越谷市・草加市・八潮市の市長(草加は副市長の予定が市長になった)の順に現状と取組が講演された。越谷市の人口は平成33年がピークと予想され、草加市は現在がピーク?で、その後は減少する。各市とも職住近接で雇用を創出し、観光で人を呼ぶとのことだが、工場はより人件費の安い地方に行き、多くの人を呼ぶほどの観光地はない。
16111910001
16111920001
 休憩後、獨協大学学長が大学のあゆみ、学生は北関東が多いこと、越谷の大学病院が県内1位の病床数になる等を講演した。
 パネルディスカッションの時間になったが、ディスカッションというほどのことは行われず、休憩中に出されたアンケートが紹介された後、市長等がアンケートの質問を参考に意見を述べた。
 各市ともそれなりの対策は行っているようだが、効果があるのか疑問である。

2016年11月12日 (土)

冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」2016年11月12日

 富田勲が製作途中に亡くなった「ドクター・コッペリウス」を公演するというのでオーチャードホールへ行きました。その製作過程は数日前に出張先のテレビニュースでも見ました。プログレのコンサートに行ったときにもらったこのコンサートのチラシを初めて見た時は、初音ミクのコンサートならだいたい予想はつく映像だから行くつもりはありませんでした。しかし、その後、勝手に予想しないで何でも見てみようという気になって行くことにしたものです。
1
 第1部の富田勲「イーハトーヴ交響曲」は子どもと大人男女のコーラスが良かった。初音ミクの映像等は予想通りのできでした。
20001
 次のエイドリアン・シャ-ウッドの惑星はシンセと少人数の弦楽器・打楽器の演奏で、富田勲の惑星を前衛的・ディスコ的・プログレ的にしたとでも言う言葉しか思いつかないが、良かった。
30001
 休憩後の第2部は「ドクター・コッペリウス」だが、第0楽章から第7楽章のうち第1楽章と第2楽章は未完成で演奏されない。3DCGの初音ミクと生身のダンサーが一緒にバレーを踊るという企画で、生身のダンサーと音楽は良かった。しかし、初音ミクの映像場所が第1部より下になり、画面?に天井からのライトが強く映り込み、3階席からは初音ミクがかすかに薄く見えるだけだった。生身のダンサーとの共演どころではなく、ひどく興醒めした。料金の高い1階席ならちゃんと見えたのだろうな。

2016年11月 3日 (木)

湘南発祥の地・旧東海道大磯宿(JR駅からハイキング設定期間)2016年11月3日

大磯町観光協会駅前案内所(スタート)10:33→化粧坂一里塚→化粧井戸10:52→大磯駅11:1711:29旧島崎藤村邸→11:56大磯城山公園・大磯町郷土資料館・展望台12:3312:50国府本郷の一里塚跡→14:02大磯駅(10.5km)

 大磯駅 

1s5520001

 大磯町観光協会で受付し、缶バッチの中から「E257系あずさ・かいじ」を選んで受け取った。

 五十三次の絵の説明板 

2s4890001

 化粧坂一里塚跡説明板

3s4950001

 化粧坂一里塚跡近くの並木道 

4s5430001

 帽子を持ってくるのを忘れたので、駅前のコンビニで買おうとしたがなかった。

 旧島崎藤村邸 

5s5640001

 地図がわかりにくかったが、はるか前方を歩いている人を見たりして歩き続ける。

 大磯城山公園ではハワイアンをやっていた。

6t5850001

 大磯城山公園の大磯町郷土資料館では有名人の別荘だったこと等を展示していた。

 国府本郷の一里塚跡(平成14年築造) 

7s6120001

 東海道松並木 

8s6390001

「湘南発祥の地」説明板 

9t6450001

 帽子がなくても日差しが強くなく、日陰を選んであるいたので問題なかった。

2016年10月29日 (土)

ラッテ・エ・ミエーレ(ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロックVol.3)2016年10月21日Club Citta

 ラッテ・エ・ミエーレの「受難劇」を完全再現するコンサートということでそれなりに良かったが、あの美しいコーラス(メロトロン?)等の完全再現はやはり無理だった。しかし、その後のパピヨン等はよかった。
Bp10001
 休憩後の「はげ山の一夜」はクラシック調が薄れ、よりロックライブ風になったのは評価できるが、私の好みには合わなかった。その後の曲は、ボーカル・ギター・キーボード等全てが ベテランの味で、すばらしかった。ニュー・トロルス「シャドーズ」以後の5曲はオリジナル・メンバー以上とも言える演奏だった。
Bp20001
Bp30001
 マルチェッロ・ジャンカルロ・デッラカーザ(ラッテ・エ・ミエーレ)はギターを座って弾く時もあり、年齢的に大丈夫かとも思ったが、ボーカルは軽やかですばらしく、好好爺という感じだった。ヴィットリオ・デ・スカルツィ(ニュー・トロルス)はこれぞニュー・トロルスという感じのヴォーカルで味わいがある。ロベルト・ティランティは力強い声で高音等がすごく、3人3様のヴォーカルがよかった。アルバム「FS」エッフェ・エッセ(国有鉄道)からの「Il Treno」という曲はアンドレーア・マッダローネ(ニュー・トロルス)がギターで蒸気機関車を表現したが、職人芸ともいうべき演奏だった。
Bp40001

2016年10月22日 (土)

ハモンド・オルガズム2016年10月16日KU氏の喜寿祝い

 KU氏の喜寿祝いと週末のラッテ・エ・ミエーレのコンサート予習のためスペース・フュージョン会が新宿ハモンド・オルガズムで開かれた。
 スペース・フュージョン会主催者MKさん、幹事YMさん、HKさん、HHさん、KOさん、NSさんとKUさんの友人の方々がおいでになった。ラッテ・エ・ミエーレのコンサートパンフレットに「スペシャル・アピアランス」と書かれており、「スペシャル・アピアランス」は「スペース・フュージョン」という番組のコーナー名だったので、パンフレットを作成したのはTSさんではないかという話、プログレ雑誌ストレンジ・デイズが経営危機で発刊休止になった話、HKさんの地下室オーディオルームの話などが語られた。MKさんはヤフオクで入手した「FMレコパル」、YMさんはバースデー・ケーキをお持ちになった。
 Tさんのドラム、店主ジョージさんのキーボード、アッコさんのベースでELPのタルカスが演奏された。アッコさんは初めてボーカルをやり、歌いながら弾くのは難しいと言っていたが、すばらしかった。
 KUさんは、23日19時からのTOKYO FMのボブ・ディラン番組 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000975.000004829.html を作成するが、これが最後の仕事になるかもしれないとおっしゃったので、もっと続けてくださいとの声がかかった。

2016年10月 9日 (日)

浅倉大介25周年コンサート(DA METAVERS 2016 quarter point) 2016年10月8日

 20年近く前、子供のヤマハピアノ教室発表会のプログラムを見たら、作曲者欄に浅倉大介とあちこちに書かれており、彼の曲を演奏する人が一番多かった。FM放送で浅倉大介NEO AGE CIRCUIT(ネオエイジサーキット)という番組を10年近く聞いており、番組で25周年コンサートがあるのを知り、東京国際フォーラムのホールCへ行った。
 以前、ネオエイジサーキットのNACK5スタジアム大宮(サッカー場)での公開録音へ行ったら、9割以上が女性だった。そのため今回も男はほとんどいないと予想していたが、ワシがいた3階席は男が2割以上いた。しかし、1階席はほとんど女性のようだ。開演と同時に1階席は皆立ち上がり、3階席も過半数の人が立ち上がった。立ち上がられて見えなくなっても文句の声は聞こえない。ワシは運よく人の隙間から見えたので立ち上がらず、ときどき双眼鏡も使って見た。
 浅倉さんは左手で箪笥(タンス)と呼ばれる大きなアナログシンセサイザーを操作し、右手で鍵盤を弾いたりする。シンセ音の嵐とレーザー光線の洪水が押し寄せる。タンスは初期のシンセサイザーで、多くのつまみと配線があり、大きいのでまさにタンスである。下記の写真の穴にコード配線する。
Photo
 タンスを操作すると、特徴的な電子音がなめらかに変化し、昔の電子音はこうだったというような音で、時代を感じさせる音とも言えます。音色の自由なアナログ変化と迫力に圧倒されて、タンスに病みつきになりそうです。
 観客は長時間立ちっぱなしで音楽に合わせて体を動かす。ステージにピアノが運び込まれると皆座った。お約束事らしい。数曲後、スクリーンに歌詞が表示されると、客席は歌いだし、美しい女性コーラスが会場を覆い尽くす。ワシは歌わなかったが、ときどき男性の声もかすかに聞こえる。浅倉さんはときどきピアノの手を休めて、観客のコーラスを確かめる。
 シンセサイザーの演奏になると、観客はまた立ち上がる。そのうち、長時間座ったワシはお尻が痛くなり立ち上がった。やがて足が痛くなり、また座ったが、客席は立ったままの人がほとんどだった。浅倉さんは場面転換で数回ステージから下がったが、コンサートとしての休憩時間はなく、3時間ぶっ続けだった。
 演奏された曲は原曲とは違うアレンジの曲がほとんどで、生ならではという感じで大満足でした。

2016年10月 1日 (土)

宮下奈都「羊と鋼の森」2016年本屋大賞

 高二の二学期、僕(外村とむら)は担任からピアノ調律師の板鳥(いたどり)を体育館に案内するように頼まれた。調律でピアノの音が少しずつ変わっていくのを時が経つのも忘れて見ていた。板鳥のいる江藤楽器に行き「弟子にしていただけませんか」と直訴した。板鳥は調律師養成の専門学校をすすめた。高校を卒業するとその専門学校で2年間技術を学び、江藤楽器に就職した。
 入社して五カ月を過ぎ、柳さんが顧客宅へ調律にいくのに同行させてもらい見学した。ふたごの姉妹の家だった。ある日、仕事の帰り道でふたごの妹由仁(ゆに)に会い、ラの音が出ないと言われ店の了解を得て調律に行く。ラの音が出るように直したら、次に微妙に音が違うと言われ、調整すればするほど音がずれていき、応援を頼むことになってしまった。
 調律には失敗したが親しみを感じてくれて、ふたごは学校帰りらしい時間にときどき店に来て、書籍コーナーで楽譜を見たりするようになった。ある日、姉の和音(かずね)が一人で来て、由仁は楽しめればいいくらいに思っていて練習をしない日もある。しかし、本番に強く、練習では私のほうがよいのに発表会や小さなコンクールでは由仁のほうがいい演奏をしてしまうと話した。本番でミスをするのかと聞くと「いいえ」と和音は毅然と胸を張った。「和音さんはちゃんと和音さんのピアノが弾けている。それなら、かまわないじゃない?」と言うと和音は微笑んだ。
 ふたごの家の佐倉さんから娘がピアノを弾けなくなったので調律を見送りたいとキャンセルされた。ふたごのどちらがピアノを弾けなくなったのかとは聞けなかった。由仁のピアノは華やかで縦横無尽に走る奔放さがあった。和音のピアノは静かで森の中にこんこんと湧き出る泉のような印象だった。僕は和音のピアノが好きだった。和音のピアノが残りますようにと願った・・・・・
 調律は正しい音にすればいいのだと思っていた。しかし、お客さんの好みにあわせて、明るい音、澄んだ音、華やかな音、やわらかい音等に調整するのだと知った。また、一般家庭で反応よく調整したら技術のない人にはかえって扱いづらく、へたに精度を上げると完璧に調律されたピアノに負けてしまうという。ピアノの脚の下についているキャスターの向きを変えるとピアノの重心が変わり音も変わる。家庭とホールでは反響が違い、音も変わる。非常に微妙な調律の仕事を丹念に描き、調律師の成長もほほえましく描いたいい小説でした。
 著者の宮下奈都(みやした なつ)さんは1967年福井県生まれで上智大学文学部哲学科卒です。
 ピアノの鍵盤を叩くとハンマーが弦をたたく。ハンマーは羊のフェルトでできている。「羊(ひつじ)と鋼(はがね)の森」というタイトルはここからきています。

2016年9月25日 (日)

スペース・フュージョン第5回ユーロ・ディスコ編(FM東京1979年6月2日放送)

①ドロイズ「ザ・フォース」(K GP591?「Star Peace」のA面1曲目(Do You Have)The Force Part1 4:17。A面2曲目Part2 3:17)
  https://www.youtube.com/watch?v=c0A87ywH1IM  (ジャケット静止画7:32)
  https://www.youtube.com/watch?v=DD3GVvpvIHs  (Force Part1 色付動画4:08)
  https://www.youtube.com/watch?v=8BHDxkkyZnc (Force Part2モノクロ動画3:15)
 演奏:Droids 
②ボンバース「ピストレロ」(米ウェストエンド WE106「Bombers 2」のB面ラスト3曲目Pistolero 5:28)
 
③クォーツ (米マーリンMarlin 2216「Quartz」のA面全曲12:54)
  https://www.youtube.com/watch?v=3f4Lzp4XcdI (レコード回転映像12:36)
 
【ジョルジオ~ミュンヘン・サウンドのトップ・コンポーザー】
①ナイツ・イン・ザ・ホワイト・サテン Knight In White Satin (Japan Casablanca-VIP6360「Knight In White Satin」のA面1曲目4:24とA面3曲目5:01 )
  https://www.youtube.com/watch?v=QJFJ1wmORI8 (静止画14:46 A面1~3曲目)
 和訳:The Moody Blues「サテンの夜」の訳詩 http://koyanonezumi.blog.fc2.com/blog-entry-226.html
②フロム・ヒア・トゥ・エターニティ  From Here To Eternity (Japan Casablanca-VIP6469「From Here To Eternity」A面1曲目5:47) 
  https://www.youtube.com/watch?v=PfAu8vqAHxc (Official Music Video2:35)
③チェイス Chase (米Casablanca-NBLP7114「Midnight Express(Music From The Original Motion Picture Soundtrack)」A面1曲目8:24)
演奏:Giorgio  Moroder
  http://www.billboard-japan.com/special/detail/551 (ヒット・プロデューサーの軌跡)
    http://ro69.jp/feat/giorgiomoroder_201506 (華麗なる伝説と彼が偉大な理由)

«便秘改善(2016年9月14日NHKガッテン!)