2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年2月23日 (木)

ティツィアーノとヴェネツィア派展2017年2月23日

 1枚目のラッザロ・バスティアーニ「統領フランチェスコ・フォスカリの肖像」はなぜか立体的に見えて、表情が伝わってくる。今までの私だったら、すぐに通りすぎてしまうような絵だが、どういうわけか魅入ってしまった。
 最初のコーナーは聖母子が多いが、ジョヴァンニ・ベッリーニ「聖母子(フリッツオーニの聖母)」が印象的だ。他の聖母子は油彩独特の暗さがあるが、これは明るい。もっとも解説には将来を案じた目をしていると書いてある。
 ドメニコ・カンパニューラ(帰属)「男の肖像」は写実的でいい目をしている。
 パオロ・ヴェロネーゼ「聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者聖ヨハネ」はどうしてこんなふうに金髪が描けるのだろうと思ってしまう。
 ティツィアーノ「フローラ」は最高である。じっと見続けてしまう。この展覧会のポスターに採用されるはずである。しかし、ポスターなどより実物はもっとすばらしいとしか言いようがない。
6400001
 絵画にうといのでヴェネツィア派というのを知らなかった。会場に行ってヴェネツィアがベニスのことだとわかった。ヴェネツィア派とフィレンツェ派が対立していたようだが、フィレンツェ派のミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、ラファエロらは知っていたが、ヴェネツィア派は知らなかった。フィレンツェ派はきっちりデッサンをしてその構図どおりに絵具を塗っていくが、ヴェネツィア派のティツィアーノはいきなりキャンバスに下塗りしたりして感覚的に描き、製作途中で構図を変えることもあるという。素描のフィレンツェ派、色彩のヴェネツィア派という人もいるようです。
 ティツィアーノはNHK-Eテレの日曜美術館で2月26日(日)9~10時、再放送は3月5日(日)20~21時放送予定とのことです。
  ティツィアーノとヴェネツィア派展 http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_titian.html

2017年2月18日 (土)

昨年(2016年・平成28年)掲載しなかった写真Ⅱ

 5月7日埼玉県東松山市。市ノ川のナヨクサフジ、西明寺沼カルガモ
160507nt584
160507nt523
 8月10日千葉県佐原市
160810n1t786
160810n2t53
160810n3t705
 11月30日千葉県大多喜町
161130940001

2017年2月12日 (日)

昨年(2016年・平成28年)掲載しなかった写真Ⅰ

 1月16日群馬県館林市城沼コブハクチョウ
1601160001
1601169490001
 1月30日東京都墨田区向島百花園の紅梅とシジュウカラ
1601301070001
1601301130001
 5月3日埼玉県入間市彩の森入間公園
160503ns3920001
160504ns3800001

2017年2月 5日 (日)

活動弁士と朗読による「無声映画と野田民話を楽しむ」ほのぼの土曜市民講座(平成29年2月4日)

 無声映画の1本目は「のらくろ伍長」で10分。漫画をそのままモノクロ映画にしたという感じだった。
 2本目「旗本退屈男」は15分。市川右太衛門(次男は北大路欣也)主演のシリーズ第1作で昭和5年。トーキーの市川右太衛門とは雰囲気が違い、本当に若い。
 3本目の前に弁士は配布した紙に前説(映画の前に弁士が言う解説)が書いてあると言う。鑑賞者は「ジゴマ」と「月形半平太」の前説を弁士の後について、弁士の口調をマネして読んだ。鑑賞者を飽きさせない工夫はすばらしい。
 3本目「瀧の白糸」は前編・後編あわせて25分。泉鏡花原作で主演は入江たか子と岡田時彦(娘は岡田茉莉子)で泣ける映画。
 弁士は全国で十数人しかいない。昔は講談師が弁士になったり、トーキーになって廃業した弁士が講談師になったとのこと。今回の弁士も元は講談師で勧められて弁士になったが、基本が同じで苦労はしなかったとのことである。
1t10001
 休憩後は民話の朗読で、1話目の「十二支のはじまり」は子供から聞いて知っていた話だったが、2人の朗読は絶妙だった。
 2話目「金乗院の仁王門」は、仁王門の柱の疵が天邪鬼の仕業と話していた子供の話から始まり、大人の恨みと頓智の話になり、奥が深い。
 3話目「マリア観音」は九州の天草四郎の話から野田の話になり、想像力を膨らませる話でよかった。

2017年2月 4日 (土)

スペース・フュージョン第7回ユーロ・ディスコ編(FM東京1979年6月16日放送)

①バック・トゥー・ミュージックBack To Music(米Prelude1978年PRL12157「Back To Music」のA面1曲目7:35)
  https://www.youtube.com/watch?v=iHUbFVCuv8o (PRL12157静止画(最後切れ)14:48)
  https://www.youtube.com/watch?v=6C5NcsM49rU (All Artists performed静止画16:35)
  歌詞:見つからず(YesterdayやI (Who Have Nothing)などが歌われている)
 演奏:セオバネス Theo Vaness
②コズミック・ダディCosmic Daddy(西独Hansa International 1978年25 885 OT「Galactic Soul」のA面1曲目5:19)
 歌詞:見つからず
 演奏:ビーナス・ギャングVenus Gang
【特集:クラフトワーク~ファッショナブルな西独のプログレ・サウンド】
①アンテナAntenna(日Capitol 1975年ECS80418「Radio-Activity=放射能」のB面2曲目3:45)
  https://www.youtube.com/watch?v=P1rezswXJ2c (Promo Only動画3:25)
  https://www.youtube.com/watch?v=Jx5c5dkwJaU (Amsterdam Paradiso 2015 4:14)
②トランス・ヨーロッパ・エクスプレスTrans-Europe Express(日Capitol 1977年ECS80833「Trans-Europe Expres」のB面1曲目6:40)
  https://www.youtube.com/watch?v=zOfh7YdugzQ (Official Music Video 3:59)
  https://www.youtube.com/watch?v=TgwHRK4n-rY  (Live German Version 9:36)
  https://www.youtube.com/watch?v=0HfYUAeoCBg  (2014Live in Vienna 7:22)
  https://www.youtube.com/watch?v=a_7URJHwduE (2015 Amsterdam Live 7:33)
③ロボットThe Robots (日Capitol 1978年ECS81803「The Man-Machine」のA面1曲目6:12)
  https://www.youtube.com/watch?v=-wop47G2qeY (ジャケット静止画6:13)
  https://www.youtube.com/watch?v=YHaZ3UL2oHk (1978 ZDF-Rock Pop-German TV 4:31)
  https://www.youtube.com/watch?v=fzXR9DqXMi4 (Club Lido,venice october 1978 3:19)
  https://www.youtube.com/watch?v=zhVz6vzjmt8 (1991"Telemanias"Cba,Argentina 4:30)
  https://www.youtube.com/watch?v=i-R7t-ihoT4 (2013 Official Retrospective Video 5:03)
  https://www.youtube.com/watch?v=QVySS5pQMOU (2015 Amsterdam Paradiso 8:08)
 演奏:Kraftwerk
  http://sound.jp/jacopas/dsckw.html (ディスコグラフィー)

2017年1月25日 (水)

東海道五十三次神奈川宿(JR駅からハイキング期間設定コース)2017年1月25日

東神奈川駅・CIAL PLAT東神奈川入口前11:18→①能満寺11:27→②真宗大谷派 良泉寺11:33→③本陣跡→④宗興寺11:50→⑤権現山(幸ケ谷公園)11:56→【旧東海道→⑥大綱金刀比羅神社12:14→⑦台町の茶屋→⑧上台橋12:30→】→⑨高島山公園12:45→⑩高札場13:16→⑪熊野神社→13:25東神奈川駅(約3km)
 東神奈川駅隣のCIAL PLATで「駅からハイキング」カードを機械に通して受付し、地図と缶バッチ(6種の中から719系フルーティアふくしまを選ぶ)を頂く。歩くと地図と全然違うので地図をよく見たら、神奈川駅を東神奈川駅と見間違いして歩いていた。このため15分ロスした。
②真宗大谷派 良泉寺 
1s620001
旧東海道⑦台町の茶屋
2u1060001
3u1030001
4u1090001
 坂を上るときつく感じる。昔は上り坂が得意だったので齢を感じる。
 神奈川台の関門跡
5u1130001
 旧東海道
5s1280001
 本覚寺
6t1520001
7s1580001
 フランス領事館に使われた慶運寺やヘボン式ローマ字で知られるヘボン等のアメリカ人宣教師の宿舎に使われた成仏寺前の道を歩く。
⑩高札場(こうさつば)
8t1910001
9t1880001
  ゴールは16時までと書いてあるのに、CIAL PLATにスタッフはいなかった。ハイキング地図を提示するとCIAL PLAT東神奈川には5%割引などをする店舗がある。ワシはドリンクバーが無料になる大戸屋ごはん処にした。

2017年1月21日 (土)

腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

腰痛持ちの人には「寝返りが少ない」という共通点がある。
腰痛解消には4つのストレッチが有効です。
詳しくは下記をご覧ください。

2017年1月15日 (日)

白鳥ウォッチ多々良沼(東武期間設定ハイキング)2017年1月14日

館林駅10:31→館林駅前観光観光案内所(受付)→10:39製粉ミュージアム11:15→11:50彫刻の小径→多々良沼遊歩道→浮島弁財天→12:32ガバ沼→14:03野鳥観察棟→14:20群馬県立館林美術館15:20→15:40東武伊勢崎線多々良駅(約14km)
 館林駅東口の館林駅前観光観光案内所で年齢や最寄駅を書いて受付し、地図と参加賞のポケットルーペを頂く(今回はゴール受付がないためスタート時に参加賞をいただく)。
 駅西口に周り、製粉ミュージアム(入場料200円)へ行く。見学後、国道122号を歩いていると寒く、一時は風に飛ばされた雪まで降ってくるような天候だった。
 以前来た時のコースと違って、彫刻の小径を端から端まで歩く。 
  君も、Jump 
1t3620001
  閑
2t5030001
  白鳥の舞
3u5120001
 彫刻の小径が終わり、多々良沼を眺めながら遊歩道を歩くと冷たい風が吹き、体が芯から冷える。
浮島弁財天 
4t6260001
白鳥 
5t755

6s8420001
   
7t8020001
 ガバ沼の白鳥飛来数は午前12羽と書いてあるが、午後は増えたのか120羽と話していた。
8t9010001

9t9860001
 野鳥観察棟ではかつては少なくて保護鳥だったオオタカが増え、白鳥を襲うのを撮るカメラマンと地元がもめていることや、白鳥が減ってきているのはカラスのせいもあることなどの記事が展示されていた。白鳥保護員?は佐野から来た人に中国人はカモを取って食べることなどを話していた。私も保護員?に聞くと9時から3時までいて、こことガバ沼で白鳥数を数えているとのことだった。
 オニギリを買い忘れたことと体が冷え切っているため、館林美術館(ハイキング地図の提示で410円の入館料が320円)の食堂で昼食をとる。

2017年1月 7日 (土)

瞬間視聴率

 今日、瞬間視聴率のランクを放映していた。視聴率は人気の目安になるだろうが、瞬間視聴率には以前から疑問をもっていた。瞬間視聴率は○○さんが出たときなどと言っているが、○○さんが出る時間が事前にわかっていればその時間に見るだろうが、わからない場合がほとんどだろう。○○さん目当てにその番組を見る人が多いのなら、番組の最初から○○さんが出るまで視聴率は変わらず、○○さんが出演し終わったら視聴率が下がることになる。○○さんの出演は番組の後半だろうと予想して、他局の放送を見ていた人が番組の後半にチャンネルを変えたら、番組の後半に視聴率は上がることになるが、○○さんが出演した瞬間に視聴率が上がることはありえない。しょっちゅうチャンネルを変える人なら○○さんが出演した時だけその番組を見ることになるが、チャンネルを絶え間なく変える人はそんなに多くいないのではないだろうか。
 ネットで瞬間視聴率を調べると各分の0秒の時の視聴率だという。コマーシャルの時間にチャンネルを変える人が多いから、毎0秒のときはなるべくコマーシャルを流さず、視聴率を下げないようにしている放送局があるとのことだ。

2017年1月 1日 (日)

火星と海王星の最接近

 東京FMの東京プラネタリー☆カフェという番組で国立天文台渡部潤一副台長が1月1日の夜に火星と海王星が最接近するという話をされたので、今夜は久しぶりに望遠鏡をベランダに出した。
 近接する2つの星は見えたのだが、火星と思われる星が点にしか見えない。火星が最接近のときは模様が見えるほどの大きさだったので見間違いかと思って調べてみたら、接近の時以外は点にしか見えないとのことだった。自分がいかに天文知識がないのかを思い知らされた。
 ついでに金星をみると半月だった。スマホで撮ろうと思ったが光軸が合わないのかだめだった。やり馴れないことをしてもうまくいかないものだ。

«荻原浩「海の見える理髪店」第155回直木賞(平成28年上半期)